時間を制限した勉強方法

仕事が忙しいと、帰宅後に家で勉強をしてもなかなか身に付かないと感じている看護師は多いと思います。看護師の仕事は体力勝負なので、帰宅後は体も頭も疲れ切っているものです。これでは、せっかくの勉強時間もムダになってしまいます。そこで、時間を制限して勉強をすると効率的に身に付けることができます。誰でも、勉強は効率的に行いたいものです。それぞれ時間制限のルールを作り勉強していくことをおすすめします。例えば、「勉強は1日1時間」といったように、時間を制限して勉強を続けていくという方法です。この場合、あまり時間を長く設定すると意味がなくなるので、集中できる範囲内で設定すると良いでしょう。1日1時間と決めた場合は、帰宅後の1時間は勉強時間と考えて取り組んでいくことで、勉強内容が身に付きやすくなります。1時間であればそれほど長い時間でもないので、集中できます。もちろん、休日も決めた時間で十分効果を出すことができるでしょう。せっかくの休日は、リフレッシュすることに使えれば理想的です。勉強は大切ですが、休日にしっかり体と頭をリフレッシュできなければ、仕事に支障をきたしてしまうこともあります。社会人として、オンとオフを上手に使い分けることも必要です。勉強時間は長ければ長いほどいいというわけではなく、どれだけ集中できるかが重要となります。勉強した時間を無駄にしないためにも、時間を制限して短時間で効果を上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です